スタッフの「リアルな声」をお届け✉
社内アンケート【入社2年目スタッフ編】

 

こんにちは!

サブリメイションではWantedlyや会社HPのコラムを通して、社内の雰囲気やスタッフの声をお届けしてきました。
今回は趣向を変えて「入社2年目のスタッフを対象としたアンケート」を実施!
1年経って感じたこと、これまでに得た経験とこれからのこと…etc
若手スタッフの”リアルな声”、大公開します!!

(※2021年4月に入社したスタッフを対象:2022年5月実施)


|2021年4月入社のスタッフデータ

 

半数が国立スタジオ、次いで塩釜口、金山という結果に。
男女比はサブリ全体では男性比率が少し多いのですが(6割後半くらいです)、この年は女性比率多めですね!

|Q1.サブリメイションに入社を決めた理由は?

最も多かったのは「作品実績」!
過去作品を見て「自分も携わりたい」と思い入社を決めた方が多いようですね。
項目別に意見を紹介していきます💨

〇作品実績
・「ラブライブ!」シリーズが好きで、自分の制作に携わりたかった。
・幅広い作品を制作していて多くの経験を積めると感じた。
・「ラブライブ!」や「ドラゴンズドグマ」のアニメーションに憧れて自分もこんなアニメーションを作りたい、と思い入社を決めました。

〇幅広い業務に挑戦できる
・入社時点でモデラー、アニメーターなどの専門職ではなく3DCGデザイナーとして採用していただけたため。

・一つの業務のみを行うのではなく、本人が望めばレイアウトやアニメーションなど幅広くいろんな業務を行えるところに魅力を感じたからです。

スタッフの「挑戦したい!」に柔軟に対応できるのもサブリの魅力のひとつです!

〇スタジオの雰囲気
・説明会での雰囲気が和気藹々と楽しそうだったから。
・社内の方のお話を聞く機会があり、会社の雰囲気に魅力を感じたからです。

〇立地
・元々アニメを進んで見ることは無かったのですが、たまたま観た3DCGのアニメに衝撃を受けてから興味を持つようになりました。
専門学校で学んでいた際に名古屋にもスタジオがあると知り、サブリメイションに入社する事を決めました。

〇学校との繋がり
・専門学生時代の恩師が居たため。
・同専門学校からの入社人数が多く、かつ著名なタイトルに関わることができるからです。

特に後半2項目は名古屋にスタジオを構え、地元専門学校と連携したインターンや特別授業を実施しているサブリメイションらしい回答となりました✨

|Q2.スタジオの雰囲気は?

面接の際も聞かれるスタジオの雰囲気、このような結果となりました!

1位は「メリハリがある」でした!
集中して作業に没頭する時間と、周りのスタッフと最近みたアニメや映画などの話で盛り上がる時間とオンオフがはっきりとしたスタジオだと感じているようです。
他にも「先輩・後輩関係なく話しやすい」という声も多く見受けられ、コミュニケーションもとりやすい職場だと言えるでしょう!

|Q3.入社してからこれまでの忘れられないエピソードを教えてください!

達成感を感じる人もいれば、アニメ制作の過酷さを身をもって実感した人も…。
明暗分かれる結果となりましたので、ポジティブ編とネガティブ編に分けてご紹介します▼

<ポジティブ編>

・チェックの際に「いいね。」と言っていただけたこと。何気ないその一言が大変な時でも頑張れる理由です。
・プロジェクトを進めていく中で、自分が担当したカットが段々テレビや映画でいつも見ているようなアニメーションになっていく過程に感動しました。
・仕事として初めて自分が参加した作品が初めて公開されたときです。担当したカットが印象的な場面なうえ、かなり苦労したため、公開された動画を改めてみるときはとても緊張したことを覚えています。コメントで「ここが良かった!」と書かれているのを見て安心したし、とても嬉しかったです。
チーフチェックの度に納得のいく説明をしていただき、日々感動しています。
・入社早々に上司が退社され、「ゆくゆくはリガーのフロア責任者になってほしい」と言われたこと。人の少ない作業ではあるが新人の私に任されるとは思っておらず、驚いたものの「頑張るか」と気合が入った。

先輩や上司の皆さんに褒められた瞬間を上げている人が多数!
また自身の作ったカットが公開されたとき、視聴者の方に褒めていただいたときも、作り手にとって大切な瞬間に違いありません。

 

<ネガティブ編>

初めて参加させていただいたプロジェクトがかなり過酷なものでした。時間が足りず残業したり休日出勤したりとかなり無茶をやりました。とにかく毎日必死に死ぬ気で頑張ってやり遂げ、地上波放送が始まって自分や仲間の名前がエンドロールに載った時の、ものすんごい達成感が色んな意味で忘れられません。なかなか味わえないです。頑張った自分を褒めましたし、ちょっと泣きそうになりました。
・初めてアニメーションを担当したカットが世に出た時に、言い表し難い感情になりました。「すごい!綺麗だ!」という感想を見かけ嬉しくなったのと同時に、自分で最後までやりきった訳ではなく、沢山迷惑を掛けながら完成したのだ、と申し訳なさと悔しさを味わいました。その悔しさが大きなものだったので、糧として成長に繋げるまで少し時間がかかりました。今は先輩方に頼りながら成長していくのも経験だと理解できるのですが、当時は嬉しいより申し訳ない、悔しいという感情が強かったです。
仕事が遅れ、期限内にできそうにないと感じていても正直に報告できず多くの方に迷惑をかけてしまったことがあります。できないことは決して悪いことではないので手遅れになる前に正直に報告しましょう。

入社1年目で大変な思いをした方もいたようです…。
でもその過酷な時期を乗り越えた、という経験も自身の糧となっているに違いないでしょう!

 

|Q4.自分が「成長したな…!」と感じた瞬間は?

入社して1年、振り返ってみて皆さんが成長を感じた瞬間はどんな時だったんでしょうか?

自分の作業に余裕ができてきた、という方が多かったです!
入社当初と比べて細かな部分にまで気を配れるようになったり、制作スケジュールのリズムを掴めてきたりと、実感したきっかけは様々でしたが皆さん1年で確実に成長を感じているようです💪

 

●余裕ができた
・アニメーションを作っていて楽しいと感じられた瞬間。
最初は覚えることの多さに必死で、楽しさを感じられる余裕がなかったのですが、やっと仕事に慣れてきた頃アニメーションを作るのって楽しいんだないう気持ちと自分の成長を同時に感じました。
・モデリングを行う時、次に発生する作業のことまで考え、効率よく作業できる方法を1年前より多く思い付く時に成長を感じます。

●作業スピード向上
・作業スピードが早くなり、クオリティも高くなった事です。
・何から手を付けると良いのか・作業の流れが理解出来る様になってから、格段に作業スピードが上がりました。カットをこなしていくほど経験が増えてクオリティが高くなっていく、と先輩から教わったのですが、その通りでした。まだ至らない点も多くありますが、1年前と比べたら成長出来ている!と思います!

●クオリティ向上
・割とあっさりチェックでOKが出たとき(自分の中でチェックに出せるクオリティの基準が高くなった且つそこまで作れるようになったなと思った)
・入社当初に比べてキャラクターの動きや表情が自分の思うように制作できるようになってきていることに以前と比べて成長していると感じます。

●教える側になった
・振られるだけでなくチーフ陣と話し合いながら仕事を進め、人に教えるようになったとき
・自分の知識を他の方に共有できた時です。
今も先輩方に様々な事を教えていただき学んでいる最中ではありますが、自分で気になって調べたり見つけた事を同じように困っている人に共有できた時は自分も成長できているのかな、と感じます。

●新しい仕事を任された
・少しずつ地道に仕事をこなしていって、任せて貰えなかった仕事を任せて貰えるようになったときです。

 

|Q5.サブリメイションの自慢できるところってどこ?

この質問、意見が割れに割れました!笑
ほとんど被っていなかったような…。
というわけでその中でも筆者が印象に残ったものを紹介していこうと思います▼

自分がやりたいことができるところです。アニメには様々なジャンルがあり、作業工程もモデルを作ったりセットアップしたり、ルックを組んだり、アニメーションをつけたり、それらを統括したりと書くとキリがないほどたくさんあります。その中で自分がやってみたいなと思うことがあれば、上司や先輩に相談することで挑戦することができるのが良いところかなと。実際私も先輩に相談してやりたいジャンルへ方向転換させてもらいましたし、快く検討してくださるところも自慢できると思います。

・自分のデスクが程よく広く、作業環境が快適です!頼りになる先輩方ばかりで、作業の話も雑談もしやすく社内の雰囲気がとても心地よいです!

3Ⅾなのに3Ⅾに見えないセルルックアニメーション
作品のクオリティの高さ

入社後すぐにプロジェクトに参加できるのが魅力かなと思います。

・ご飯に行ったり休日に遊んだり、皆仲がいいところ
・人間的にも技術的にも、尊敬できる先輩が多いところです。

自販機が安い

ちなみに自販機は最安20円!電子マネーが使えるのも有難い…!
というわけで一部にはなってしまうのですが、「サブリの自慢できるところ」でした!

|Q6.初任給の使い道は?

初めてのお給料、みなさんの使い道は如何に!?

やはり生活費が1位!当たり前といえば当たり前ですが…笑
ひとり暮らしの方も多いので貯金に回すスタッフが多いかと思いきや、2位は「趣味への投資」!
ゲームの課金なのか、好きな作品のグッズを買ったのか、はたまた別の使い道か…。
なんにせよ、初めてお給料をもらった時は社会人になったんだな!と改めて思う瞬間でもありますよね!✨

 

|プライベート編

お仕事の話から離れまして、プライベートについても少しお伺いしました!

Q.ひとり暮らし?実家暮らし?

7割のスタッフがひとり暮らしという結果に!
個人的には意外と実家暮らしの方もいらっしゃったんだな、という印象を受けました。

Q.休日の過ごし方は?

圧倒的インドア派…!
ここ最近の新型コロナウイルスの影響もあるかもしれませんが、みなさん休日はお家でゆっくり過ごされているようです。
くれぐれも運動不足にだけは気を付けましょう🏃(筆者含め)

|最後に2年目以降の意気込みをどうぞ!!

最後に2年目に突入した皆さんに今後の意気込みを熱く語っていただきました🔥
すべてご紹介したいところですが…、長くなってしまうので一部をピックアップさせていただきました!

ようやく仕事に慣れてきたので、持ちカットのクオリティアップを目指して行きたいです!

2年目以降も先輩や上司の方々のように見ている人に感動を与えるアニメーションを早く作れるように頑張りたいと思います

新人2年目なのでまだまだひよっ子ですが、重要なカットやキメカットを任せていただけるような最強アニメーターになります!

感覚でやっているところなどを言語化し、もっと分かりやすく教えられるようになっていきたい。また、新しい知識を入れ作業の幅を増やしていきたい。

これからも地道に頑張ります。あと作業ペースがもう少し早くできるように努力したいです。

まだまだできることは少ないので、現在の良い環境で成長していきたい

新人と言えなくなった2年目ですが、まだまだ先輩たちには遠く及びませんしわからないことだらけで大変です!でもやりたいことを仕事にできて毎日楽しくて仕方がないので、これからも楽しみながらゴリゴリに技術を磨いて名を残すアニメーターになります!

毎日コツコツと仕事の知識を身に着けていって、よりよい作品を作っていきたいです。やったことがない仕事にもチャレンジしていって、できる仕事の幅を増やしていきたいです。

まだ振られる仕事を自分一人で終わらせることができていない時もあるので、もう少し効率を上げて余裕のある作業ペースでこなしていきたいです。

2年目ではありますがまだまだ学ぶ事が多く、仕事に慣れつつも入社したころと変わらない気持ちで仕事に取り組めています。今後も気持ちは変わらず、向上心をどんどん増やして頑張っていきたいです。

もっとアニメーションが上手くなってファンの人達に喜んでもらえるものを作りたいです。

 


 

いかがでしたでしょうか?

今回初めての試みとして、社内アンケート企画を実施させていただきました。
入社2年目のスタッフへのアンケート、特に就活生の方にとっては「1年後の自分」のイメージにつながる内容になっていますと幸いです🍀

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

📢お知らせ

23年度新卒 クリエイター採用応募受付開始!
書類受付期間は7月29日(金)までとなっております。
皆さまからのご応募お待ちしております。

RECRUITページはこちら▼
http://www.sublimation.co.jp/n_recruit/